BBH
-Biz Branding Hub-
投稿日 : 
2019/11/26
更新日 : 
2019/11/26

RAIDについての説明(図解あり)

RAIDとは、ディスクを冗長化することで高速化、高可用性を実現する方法です。
正式名称は「Redundant Array of Inexpensive Disks」です。
RAIDは用途によっていろいろな種類があるので、それらを紹介していきます。

RAID0

RAID0はデータを複数のディスクに分散することで性能を上げる構成です。
ディスクを冗長化しているわけではないので、ディスクが1本でも壊れるとデータは失われます。
文字で説明するよりも以下の図を見るのが早いと思います。

RAID1

ディスクの内容を複製することで、データの可用性を高めます。
これによりどれかのディスクが壊れてもデータは失われません。
ただし、複製を行うためコストは倍以上にになります。
また、複製するだけなので速度向上も見込めません。
別名、ミラーリング。

RAID5

RAID0とRAID1を組み合わせ、高速化と冗長化の両方を実現したもの。
最低3本以上のディスクを必要とする。
別名、パリティ分散。
データとデータを復元するための情報であるパリティをそれぞれのディスクに分散して書き込む構成。
■参考
RAID5のパリティ生成アルゴリズム

パリティを使用することによって、どれか1本のディスクが壊れたとしても、他のデータを復元することができる。

2本以上が故障すると復元はできません。その場合は、RAID6を使用します。

RAID6

RAID5の可用性をさらに高めた構成。
全体の最低本数を4本にして、パリティを冗長化します。
これによって複数本ディスクが故障してもデータを復元することができます。

RAID10

RAID1 + 0 が名前の由来。
ストライピングされた2つのディスクをミラーリングします。
これによって、RAID0の高速化とRAID1の可用性の高さを両立することができます。
しかし、ディスクの本数が最低4本以上となるため、コストが高くつきます。

DB

Profile

管理人プロフィール

都内でITエンジニアをやってます。
変遷:中規模SES→独立系SIer→Webサービス内製開発
使用技術はその時々でバラバラですが、C#、AWSが長いです。
どちらかと言うとバックエンドより開発が多かったです。
顧客との折衝や要件定義、マネジメント(10名弱程度)の経験あり。
最近はJava+SpringBootがメイン。

Recommend